修學院の由来

鬼門除け・安穏祈願寺・三密祈願道場

背振山の山並み

背振一山の中心寺院

【修学院】の正式名称は『背振山積翠教寺修學院』。
今から約1,300年前、奈良時代の和銅2年(709)、湛誉上人により開山された背振山は「上宮・中宮・下宮」の総称で、「背振千坊」と称された山岳仏教の聖地でした。修学院は下宮にあたり、背振千古の歴史を今に伝えます。
修学院の名称の由来は、 慶長5年(1600)に鍋島直茂公(佐賀藩祖)の助力により、下宮の積翠寺が再興された折、京都の曼殊院門跡(皇族)より『修學院』の院号を賜りました。これにより、積翠寺を修学院と称するようになり、背振一山の中心も中宮の霊仙寺より下宮の修学院へと移行していきます。
藩政時代には、肥前国の最北東に位置するため「佐賀城鬼門除け・肥前国安穏祈願寺・三蜜祈願の道場」と定められており「代々祈願怠るべからず」との書状が今でも掲げられています。
※積翠教寺の「教」の字は天台宗に属することを表しています。 

せふり通信

ニュース

[%article_date_notime_dot%] 

[%new:New%] [%title%]

ACCESS

アクセス

電車の場合

JR吉野ヶ里歴史公園駅下車。
・駅よりタクシー利用(10分)
・駅北口停留所よりバス利用(30分)〈平日のみ運行〉
※松隈停留所で下車、徒歩10分。

お車の場合

車でお越しの方へ(高速利用)
高速道路東脊振ICを下車し、信号を左折、国道385号を北上。松坂橋交差点を過ぎると左手に長い階段が見えます。
(東脊振ICより5分)
車でお越しの方へ(トンネル利用)
福岡市方面からお越しの方は「東脊振トンネル」利用が便利です。料金所を通過してそのまま直進。
(料金所より5分)

マップ

3-3.jpg img20181012121512237830.jpg 4-4.jpg

乙護法善神
乙護法善神

背振山の護法神。タニシを沢山つけたような髪型(螺髪)をされていることから『田螺仏(たにしぶつ)』という愛称で呼ばれることもあります。
古来から田畑の豊作や虫除けにご利益のある仏様といわれています。

修正会
背振山伝統の行事

■修正会【2月13日】『背振権現(弁財天)』に「大般若転読会」を奉修して家内安全を願い、護摩祈祷で開運厄除を祈願する「星まつり」。
■御経会【4月11日〜15日の5日間】現世安穏と後生善処を願う滅罪の法要。併せて先祖・水子などの萬霊供養。

護摩焚き
護摩焚き

毎月、本尊のご縁日(28日)には、願い事が書かれた護摩木を焚き祈願いたしております。どなたでもご参加ください。
◎家内安全◎開運厄除◎交通安全◎商売繁盛◎無病息災◎心身健康◎先祖供養など

座禅や写経
座禅止観と写経

驚き、怒り、恐れ、嫉妬、悲しみ、高揚といった日常的な心から離れ、心静かに座禅や写経をしてみてはいかがですか。
*当山では個人・団体問わず、どなたでも、いつでも体験していただけます。(要事前予約)

 

PROFILE

寺院紹介

寺院名

背振山積翠教寺修學院(天台宗)

住所

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈1400

電話

0952-52-5285

FAX

0952-52-5872

ABOUT

周辺案内

施設

道の駅 「さざんか千坊館」 

温浴施設「山茶花の湯」 

川遊び「水辺公園」 

乗馬「ホースランド」 

農園「あいちゃん農園」

飲食店

そば処「たけひろ」 

豆腐「五ヶ山豆腐」 

カフェ『OAK HILL VIEW』

 

ACCESS

アクセス

電車の場合

JR吉野ヶ里歴史公園駅下車。
・駅よりタクシー利用(10分)
・駅北口停留所よりバス利用(30分)〈平日のみ運行〉
※松隈停留所で下車、徒歩10分。

お車の場合

車でお越しの方へ(高速利用)
高速道路東脊振ICを下車し、信号を左折、国道385号を北上。松坂橋交差点を過ぎると左手に長い階段が見えます。
(東脊振ICより5分)
車でお越しの方へ(トンネル利用)
福岡市方面からお越しの方は「東脊振トンネル」利用が便利です。料金所を通過してそのまま直進。
(料金所より5分)

 

せふり通信

ニュース

[%article_date_notime_dot%] 

[%new:New%] [%title%]