境内のご案内

本堂・薬師堂・地蔵堂・毘沙門堂・熊野神社

 

本堂

厄除け・鬼門除け

重層入母屋造の本堂。
本堂内は外陣・内陣・内々陣、さらに本尊を囲むように裏堂と、天台宗特有の造りとなっています。
内々陣の中央には、厄除け・鬼門除けの秘仏本尊『徳善大王(不動明王)』。
左右には霊験あらたかな秘仏の「地蔵菩薩」と等身大の「十一面観世音菩薩」が祀られています。
通常のお勤めを行う内陣の正面には、乙護法善神が祀られています。

薬師堂

病気平癒・心身健康

東方浄土の教主である『薬師瑠璃光如来(薬師如来)』を祀る。
病気平癒のご利益で知られる仏様で、右手の手のひらを前に向けて、我々に恐れることはない安心しなさいと励まし、左手に薬の入った壷、薬壺(やっこ)を持ち、病気や怪我、また煩悩などに苦しむ人々を救おうとされています。

子育地蔵堂

安産・子授け

子どもを左に抱き、右手に錫杖を持つ等身大の石仏「子育て地蔵尊」を祀る。
安産や子授けの御利益があると云われています。
ここで授かった子どもは、本堂内の霊験あらたかな「坂本地蔵尊(延命地蔵)」に写真を奉納して無事成育が祈願されます。

 

毘沙門堂

開運招福

修学院の北方守護「毘沙門天」を祀る。
勝運、商売運など運気を上昇させてくださる開運の仏様ともいわれます。

熊野神社

家都御子神を祀る

古来からの神仏習合の名残りがある神社。
現在は、地域の氏神として修学院境内に祀られています。
 
祭神…熊野権現「家都御子神(けつみこのかみ)」
本地…阿弥陀如来