福あつめ

災い転じて福となす

 背振千坊の伝統行事
『修正会(しゅしょうえ)』

東門寺中の寺院、総出仕で「背振大権現(弁財天)」に奉修される大般若経600巻の転読法要。
この行事は皇慶阿闍梨(こうげいあじゃり)が、背振山にて修練中に修められた仁王般若経会(にんのうばんにゃきょうえ)が始まりと云われ、千古の歴史を持つ、背振千坊の伝統行事です。
古来より、この大般若経を転読する風に当たれば厄難を退け、福を被るといわれています。
併せて、開運招福の「星まつり」、修学院の本尊に厄除け・商売繁昌などを祈願する「特別護摩祈祷」を行います。
縁起物福引きなども有ります。
どうぞ皆様、お誘い合わせ、『福あつめ』にお越しください。

※皇慶阿闍梨(977〜1049年)
台密(天台宗の密教)谷流の祖。現在の台密六流十三派は全て皇慶阿闍梨の門流である。

 星まつり

古くインドの天文学や占星術で用いられた「九つの星(九曜星)」。
つまり、日・月・火・水・木・金・土の七曜星に羅睺(らご)、計都(けいと)の二つの星を加えた「九つの星」のいずれかに、人は数えの年齢によって1年間、運命を支配されると云われており、その星を当年属星といいます。この当年属星の御札をお奉り・供養し、1年間の息災・開運招福を祈願することを「星まつり(星供)」といいます。
  

星まつり冥加料(1名)1,000円 <御札授与><年間祈祷>
星まつりのお申込みは、FAXまたはお問い合わせよりお申し込み下さい。